基本3種類ある年金制度

年金には、年金制度の運営によって大きく分けて「公的年金」と「私的年金」の2つに分類されます。大きく分けて2つといいましたが、「私的年金」と運営が似ているが、別として分類される「個人年金」があります。

「公的年金」は国から委任・委託された日本年金機構で運営しています。公的年金は3種類あり、日本国内に住所がある全ての人に加入義務があります。その人の働き方によってどの年金制度に加入するか決まっています。

まず「国民年金」は、20歳以上60歳未満のすべての人が加入するもので、老齢・障害・死亡により「基礎年金」受給する事が出来ます。また、国民年金には「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」の3種類があります。

「第1号被保険者」は自営業や農業等で働いている人、学生、フリーター、無職の人が対象です。「第2号被保険者」は厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務している全ての人が対象で、自動的に国民年金にも加入となります。「第3号被保険者」は第2号被保険者の配偶者の人をいいます。次に「厚生年金」ですが、「第2号被保険者」に分類される人が加入するもので、国民年金である「基礎年金」に加え「厚生年金」を受給する事になります。

最後に、「共済年金」ですが、国家公務員や地方公務員、私立学校の教員などどとして常時勤務している人が加入し、「基礎年金」に加え「長期給付」を受給する事になります。ここでいう「長期給付」は「厚生年金」と同じ仕組みと考えて大丈夫です。

そして「私的年金」は、国以外の組織や企業が運営していていて公的年金とは違い任意で加入することができ、「個人年金」といわれることも多いです。

なぜこのような「私的年金」があるかというと、最近では国民年金の受給対象年齢が65歳に引き上げられたり、財政状態により受給額が減ったりと老後に不安を抱える人が多くなってきているからだそうです。

私的年金に加入していれば、老後にもらう公的年金以外に私的年金からも受給することができ、不安の解消になったり、さらなる豊かな暮らしができるように加入しているのです。

貯金という形で銀行に預けるのもいいのですが、銀行だとついつい自ら引き出してしまったりとあると思いますが、年金保険として預けることで勝手に引き出す心配もなくなります。また、加入している年金保険によっては60歳からと早めに受給できるという選択もできるのです。

年金といってもこんなに種類があるのに驚きですよね。働き方によって加入する年金は違ってきてますが、老後のためにも公的年金だけでなく、私的年金へ加入しようかなと考えるのもいいかもしれませんね。